【6月家計簿集計結果】節約の効果アリで赤字が大幅激減しました


やっぱり節約意識を持って生活をすることって本当に必要なんだと実感しました。

使途不明金を無くしていくことで無駄遣いも減ったせいか赤字が大幅激減しています。

▼去年の6月度

赤字 60,000円

貯蓄 105,000円


▼今年の6月度

赤字 9,000円

貯蓄 185,000円

…貯蓄はできても赤字が多すぎる!!というような家計簿でお恥ずかしいですが(;^ω^)

去年よりも赤字が減って、貯蓄は増えています。

去年の同じ月と節約と貯蓄の結果は?



差額 +131,000円

これはかなり節約の効果が出ている!!とモチベーションを上げていきたいと思います。

ちなみに、給与収入も今年の方が増えてはいるのですが、去年はこの時期に入る保険の配当金子供手当も支払いや生活費にごちゃ混ぜになって上記の結果でした。

だから本当はもっと大赤字なはず。恐ろしい…^^;

今回は、保険の配当金と子供手当はしっかりと貯蓄することができたので、やはり、意識の違いって大きいです。

【問題点】わが家の食費を圧迫していたのは

家計簿歴まだ2年目ですが、4人家族で月8万円~9万円は明らかに食べ過ぎなわが家。

一番の節約ポイントなのに、何に使い過ぎているのかが分からなかったため、原因をあれこれ考えた結果…

先月より、食費を

  • 食事
  • おやつ
  • 主人のお酒とおつまみ
  • 外食

上記4項目に分けるようにしました。

まだ2ヶ月の平均ですが、

  • 食事
    58,000円

  • おやつ
    9,000円

  • 主人のお酒とおつまみ
    4,800円

  • 外食
    9,000円

という結果に…

ん?

コレって、4人家族で58,000円(@14,500円)ということは…

もしかして食事を作るだけなら、まだ許せる範囲ってことじゃ?

『おやつ・おつまみ・外食』を今後は節約していこうと思います。

こうして問題点を明らかにしていくことで改善策がみえてきて、家計に対する不安感が軽くなりますよね。

過去記事
食費を4項目に分けたら問題点を発見できました【支出を見直し】

過去記事
【家計簿】食費を減らしたいので項目を見直し付け方を変えてみる

絶対にないと困るもの集計の途中経過

6月から以下の項目を抜き出して書き留めています。

購入頻度や底値を把握できるようになりたいな、と思いまして。

わが家で無いと困る食材や調味料(6月集計)


  • 10kg 3,770円

  • 5パック 1,250円


  • 2本 532円

  • 醤油
    1本 378円
  • みりん
  • 料理酒
  • 米酢

  • きび砂糖
    284円
  • 片栗粉

  • マヨネーズ
    2本 276円
  • ケチャップ
    1本 189円
  • ポン酢

  • コーヒー
    1袋 598円

  • ビール
    12本 2,547円

わが家で無いと困る生活雑貨(6月集計)

  • トイレットペーパー
    12ロール 268円
  • ティッシュペーパー
    1箱 181円
  • ごみ袋
    大 480円

  • 洗濯洗剤
    詰め替え(大) 408円
  • 柔軟剤
    詰め替え(大) 624円

  • シャンプー
    1本 516円
  • リンス
    1本 516円
  • 石鹸

まだストック品があるので、上記のような結果になっています。

しばらく検証を続けることによって、上手にストックもできるようになりたいな。

買い物に行った時に底値が頭に入っているとまとめ買いもしやすくなりますもんね。

じわじわと赤字家計からの脱出の道を歩んでいる感じ。

もっと早くから気がついてやっておくべきだった…と後悔しだしたらキリがありませんが、気づくことが出来て良かったです!!

さぁ、どこまで変われるか(^^♪

過去記事
食費などの家計簿の内容を見直すやり方と、小さな節約をする意味