子育て一段落した友人に大学で実際にかかる費用や内訳を聞いて愕然

子供を大学に行かせるには教育費だけでなく他にも費用がかかる

以前勤めていた会社で仲良くなった方々と久しぶりに女子会をしました。

今春で子供の受験が一段落して大学や高校に入学させた先輩の言葉はとても参考になります。…というか予想よりもかかる総額に愕然…(゚Д゚;)

前記事『【わが家の貯蓄額】教育費と老後・死後の貯金いくらになるか確認』で大学でかかる学費を目標に貯金を頑張っている話をさせて頂きましたが、とんでもないですね。もっともっと費用はかかります。

友人から聞いた話も交えながら、子育てにかかる費用をシュミレーションしてみたいと思います。

大学は入学してからも費用がかかる

子供を出産して間もない頃にソニー生命の担当者に連絡をし、コツコツと貯金してきた大学入学のための教育費。

大学4年間でトータルの学費

  • 国公立大 240万円
  • 私立文系 380万円
  • 私立理系 520万円
  • 私立医歯系(6年間) 2,200万円~4,000万円

平均これぐらいかかるという統計から、わが家も

1人 500万円づつ

を目標に頑張っています。

が!!

実際に今春、ドドーンと振り込みを終えてきた友人達の話によると、

  • 定期代 半年5万~10万(友人調べ)
  • パソコン・プリンター(学校専用アプリ入り) 20万円弱
  • 電子辞書代 3万~7

などなどが早速かかってくるようで。

定期代は片道2時間通学の例も含んでいます。わが家も仕送りは考えていませんので、友人の話を聞いて、大学の場所によっては定期代もかかることの覚悟ができました。

受験合格して以降は、入学式のスーツなども購入するだろうし(母も含め^^;)、もうビックリするほどお金がどんどん飛んでいきそうですね。

わが家の用意しようとしている500万円内訳は、

入学金
+授業料
+施設設備費
(×4年分)

です。

学費を納めて余ったら子供の結婚資金にまわそうなんて思っていましたが、甘かった。最初の年に使い過ぎてしまうと4回生になる頃には残高がヤバイことになりそうなです…。

社会勉強にもなるしアルバイトをしてもらうと思うのですが、それでも、やっぱりあれこれとお金がかかってきそう。

高校入学した後も出費はいっぱい

受験前は、塾の授業料や夏期講習や冬期講習などに十万単位でお金が飛んでいき、そしてめでたく合格!!をした後は…

まだまだ息切れしている場合ではなくて、
教科書制服カバンなどの費用の他、

  • 定期代 半年2万円~4万円(友人調べ)
  • 1泊2日オリエンテーション代(クラスの親睦&勉強会)
  • クラブ活動 ユニフォーム・Tシャツ・カバン代など
  • 塾の費用(4・5月まとめ請求)

などの請求書がどんどんやってきているという…

友人の子供が入部したクラブでは、プロテインを飲むことを奨めていて、学校推奨のものを注文したので今後はその費用もかかるそうで。

大学受験の前に散財してしまう予感が…

子供の好きなクラブ活動をさせて、塾にも通わせて、食事量も増えて、服や身の回り品も揃えてあげてとなると、相当な費用がかかってきます。たまには家族でレジャーを楽しみたいし…

よくある“子供を大学にいれるまでの費用のシュミレーション”なんて意味がないんじゃないかと思えるぐらい、予想をはるかに超えた貯蓄が必要になってくるんですよね。

愕然…

大学入学以降も子育ての費用を貯め続けるの?

大学まで入れたら子育てを一段落して、それ以降は老後資金を貯金することに専念しようと思っていたのに…。

それでも全然不足すること間違い無しというのに…住宅ローン残高や老後を考えると今の貯蓄計画では厳しいことが分かりました。

そのことを女子会で友人に話したところ、

友人「大学入学時点で全額を揃えておかないといけないことはないから、大丈夫!!学資の貯蓄が完了してからも、その後も同じ金額を貯め続けていけば、3回生や4回生になった頃にはまた支払いできるぐらい貯まっていると思うし。」

と言葉をかけてくれました。

嘆いていても仕方ない。
予定通りいかなくても慌てちゃダメ。

楽な人生ではないかもしれないけれど、望んで授かった大事な子供達、しっかりと自立できるまで母は頑張りたいと思います!!

住宅ローンの残債については必ず向き合う時がくるので、主人の定年で給与がなくなって以降のことも考えて、今から節約生活を心掛けていきます。

自分の子供よりも年上の子育てをしている人の生の声って、とても参考になりますよね。
いつか自分も通る道、前もって心構えをしていられるのはありがたいです。