【ふるさと納税】初心者が疑問に思う仕組みや限度額を調べてみた

ふるさと納税の仕組みや控除上限金額など疑問アレコレの覚書

限度額いくらまでOKか?
還元率ってなに?

確定申告は必要なのか?主人の名前でふるさと納税して私のクレジットカードで支払い可能か?…等、分からないことだらけでこれまで利用したことがありませんでした。

住民税がとても高いので節税できることなら活用したい!!

調べることが面倒なのでついついスルーしてきましたが、節約をしようと思うからには一歩踏み出して学んでいく必要があるんですよね。

これまでの自分から変わって節約意識を高く持ちたいと思っているので、頑張って調べてみました。

全くの初心者の私が疑問に思ったことを中心にまとめていますので、同じようにこれからふるさと納税について知ろうと思われている方の参考になれば嬉しいです。

ふるさと納税を簡単に説明すると

ふるさと納税

2,000円を超える寄付をした場合、その分が所得から「寄付金控除」されます。住民税を減らすことができます♪

このことを活用して、地方自治体へ個人が寄付を行うこと。

でも、それだけじゃここまで普及しなかったと思います。

みんなが喜んで寄付をしているのは、お礼品(特典)をもらえるから。

寄付をしてもらった自治体が感謝の意味を込めて返礼をしてくれるもので、お米や牛肉、魚介類など、その地方の特産品が主なお礼品として送られてきます。

1年間で寄附先は5自治体まで。自分の住んでいるところでも良いですし、好きな地方でも。

お取り寄せって贅沢ですが、実質負担額2,000円で同じように贅沢できるなんて最高(*^▽^*)

メリットがいっぱいですよね!!

【知りたい】まずは控除上限金額を知ろう

年収や家族構成によって、控除上限金額が決められています。

上限額を超えて寄付することもできますが、日々の暮らしによっぽどの余裕がない限り善意だけで寄附することは難しいですよね。

ふるさと納税を活用するなら、まずは自分の控除上限金額を知る必要があります。

そこで、年収と家族構成を入力するだけで簡単なシュミレーションができるYahoo!JAPANと「さとふる」の公式サイトをご紹介します。

控除上限額シミュレーション

Yahoo!JAPAN「ふるさと納税」
https://furusatonouzei.yahoo.co.jp/guide/system/simple/

さとふる公式サイト

ふるさと納税において重要な税控除の目安が計算できるシミュレーションをご案内します。ご自身の控除上限額をきちんと把握しておけば、自己負担2,000円のみで効率的にふるさと納税を行えます。

ここで算出された上限額を目安にして、ふるさと納税の寄附額を決めましょう。

ワクワクしてきますよね♪

【知りたい】ふるさと納税の還元率ってなに?

自治体によって受け取れる返礼品が違います。
返礼品の金額が高くて豪華なほどお得感がありますよね。

つまり、同じ寄付金に対する返礼品の価値が高いほど還元率が良いということになります。

2017年に、ふるさと納税の還元率を30%に抑える総務省の通達がありましたが、平均還元率は30%~50%となっています。

中には98%など100%に近いものもありますので、できるだけお得なものを選びましょう。

高還元率のものから売り切れ状態になることもありますので、自治体ランキング人気ランキングで上位のものは早め早めに。

私の身近では「ふるさと納税」をしている友達は数人ですが、世間ではすでにとても広まっているんですね。

【知りたい】ワンストップ特例制度で確定申告不要に

ふるさと納税をした後で税金控除を受けるためには、

  • 確定申告
  • ワンストップ特例制度

のいずれかで申請をする必要があります。

確定申告をしなくちゃいけないなら面倒だな…と思ったのですが、『ワンストップ特例制度』があると知り意外と手軽に出来そうだなと。

ふるさと納税ワンストップ特例制度の申請条件

  • 確定申告をしていない人
  • 1年間の寄付先自治体が5つ以下

いろいろと調べましたが、こちらのページが一番分かりやすかったです。

さとふる公式サイト
「ふるさと納税ワンストップ特例制度について」
確定申告をせずワンストップ特例制度をご利用になる方はこちらのページをご覧ください。申請書の記入方法やいつまでに提出すべきか期限もご確認頂けます。

簡単に言うと、「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」と「本人確認書類」をふるさと納税を行った先の自治体に送付することで、ワンストップ特例制度の申請が完了!!

翌年度の住民税が控除されます。楽しみですね♪

ちなみに、クレジットカードで支払いする場合は、カードの名義と申請書する人は必ず同じでなければいけません。

マイナンバー提出に抵抗があるけれど…

個人情報のデータ流出事件が多い世の中なので、本人確認書類としてマイナンバーを提出することに抵抗があったのですが、もうあと数年もすると何をするにも提出することが当たり前の時代になってきますので、これを機会に慣れていくのも良いのかなと思っています。

なんといっても住民税が安くなるのはありがたいので。

【知りたい】住民税控除がいくらになるか知りたい

サラリーマンでワンストップ特例制度の場合、

5月~6月頃に会社からもらってくる「給与所得等に係る特別区民税(市民税)・都民税(県民税) 特別徴収税額の決定通知書」を見ると、

  • 都内の方は、「特別区民税」・「都民税」
  • それ以外の方は、「府民税」or「県民税」・「市民税」

の欄にある「税額控除額」の項目に記載されます。

この欄には別の控除額も書かれてるので、その分を引かないと、ふるさと納税分は算出できませんが、前年度と比べてみると変化は実感できるはず。

今年の分は、翌年の通知書で確認してみてください。

尚、「ワンストップ特例制度」を使わなかった場合は、住民税と所得税に項目が分かれて控除されます。

年末調整等でお金が戻ってくる還付金ではなく、控除としてなので書類で確認しないと実感が湧きませんが。

分かりやすく言うと、
10万円ふるさと納税すると、所得税が返ってきたり、住民税の支払いが減ったりして、支払う所得税と住民税が98,000円分も少なくなります。

だから、実質2,000円の費用で美味しいものが食べられたり、嬉しい思いができるんですね。

これは本当にすごいお得です!!
美味しいものが届いたらまた報告させていただきます。